2007年02月09日

田園調布周辺エリアについて

田園調布の周辺のエリアの特徴はどうでしょうか??

東急東横線「田園調布」駅を中心として、田園調布、玉川田園調布、東玉川、奥沢などのエリアがあります。

それぞれのエリアの特徴をみてみましょう。

【田園調布】
田園調布駅西側が扇状の高級住宅街、田園調布三丁目です。
東側が二丁目にあたり、こちらも高級住宅街ですね。
一丁目はちょっと駅からの距離がありますが、碁盤の目のように区画整理されていてとてもいい街並みです。
西側三丁目を越えると多摩川に向かって四丁目、五丁目となっていきますが、多摩川に向かってはかなり急な坂道になります。
ただ、場所によっては眺望がとてもきれいです。眺望は傾斜地ならではですね。ただ、坂がとてもきつい・・・

【玉川田園調布】
田園調布と同じくらい高級住宅街です。田園調布から北側の環八をはさんで一丁目と二丁目があります。
とくに環八を渡った二丁目は邸宅街ですね。
二丁目は東横線の自由が丘の駅との中間ぐらいに位置します。
土地相場は田園調布と同じくらいします。

【東玉川】
田園調布から東側、環八を渡ると世田谷区東玉川です。
きれいな碁盤の目のように区画されていて、きれいな住宅街ですが、田園調布の駅からだと場所によってはちょっと遠いです。
東急目黒線の「奥沢」、池上線の「雪谷大塚」などもそんなに遠くはないのでとても便利なエリアです。
このエリアもとても広いので場所によっては土地価格もまちまちですが、いい立地条件であれば坪単価200万円後半はしますね。

【奥沢】
田園調布に近いといっても奥沢は東横線「自由が丘」の駅や目黒線「奥沢」の駅も利用できます。
場所によっては大井町線の「九品仏」が利用できるエリアです。
奥沢は特に六丁目、七丁目が高級住宅街です。土地相場では田園調布と同じ位する場所もありますね。

田園調布の周辺でもとてもいい住環境のエリアはたくさんありますね。場所によってはかなり土地価格も安くなります。
とはいえ、やはり人気エリアの周辺ですから・・高いです・・
posted by denenchofu-man at 19:34| Comment(45) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

田園調布の土地相場は??

田園調布の土地相場をみてみましょう。

土地の評価には公示価格、路線価、実勢価格等ありますが、不動産業者にとっては公示価格、路線価はほとんど参考にしてません。

実際の取引価格を参考に売買価格を設定しますので、公示価格との差はけっこうあります。

公示価格とは・・・
一般の人が土地取引や資産評価をするに当たって、土地の適正な価格を判断するには客観的な目安が必要になり、地価公示はその客観的な目安として活用されています。公共用地の取得価格の参考にしたり、相続税や固定資産税の評価にも使われています。

路線価とは・・・
路線価は道路(路線)ごとに国税局長が決定した土地の単価=1平方メートルあたりの価格のことです。大体、地価公示価格の8割程度に設定されています。

ちなみに田園調布三丁目の扇状の区画での公示価格は2006年度で1uの単価876,000円です。坪単価で約290万円ですね。
田園調布の公示価格を時系列で比較すると直近では2001年度の755,000円が底で坪単価約250万円ですね。年々上昇しています。

公示価格はこちらで検索できます。

国土交通省地価公示

参考に路線価も見てみましょう。
田園調布三丁目での路線価は平成18年度1uあたり730,000円です。坪単価にして約240万円。

路線価はこちらで検索できます。

路線価図等閲覧

それでは、田園調布の実際の取引価格を見てみましょう。

三丁目の扇状の区画ではほとんど物件がでません。
最近の成約事例をみても三丁目でも多少離れたところで坪350万円近くで取引きされています。

田園調布三丁目で不動産を手放す人も少ないと思いますが、扇状の区画であれば坪400万円近くしてもおかしくありませんね。

最低敷地面積が約50坪ですから・・・地型、接道状況にもよりますが、土地だけで最低でも2億円はかかるということになります。

本当に限られた方しか購入できない場所ですね。



posted by denenchofu-man at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

田園調布とは?

田園調布は広く高級住宅街として知れ渡っていますが、その由来についてはあまり知られていないと思います。

その由来について調べてみました。

田園調布といわれるエリアは東急東横線の田園調布駅周辺の大田区田園調布と世田谷区玉川田園調布の一帯のエリアです。

阪神間モダニズムと呼ばれる時代の小林一三の宅地開発を範として、イギリスの田園都市構想を参考に近代に開発された近郊住宅地がその始まりだそうです。高度成長期の頃より、兵庫県の芦屋、御影と並ぶ高級住宅街として併称されるようになりました。特に駅西側に広がる、扇状に整備された区画一体は、銀杏の並木と相まって「高級住宅地」としての趣を備えています。

住宅地としては大正12年の土地の分譲により始まりました。
渋沢栄一ら田園都市株式会社による田園調布の街創りにより現在の街並みができたそうです。
のちに田園調布会が創設され、現在の美しい街並みを守っています。

田園調布の駅周辺では特に西側の扇状に区画された一帯、田園調布三丁目がとてもきれいな街並みになってますね。

この駅西側の田園調布三丁目、四丁目一部では敷地面積の最低限度が定められており、田園調布地区計画で165u(約50坪)以下には土地が割れないことになってます。これによって高級住宅街の景観が保たれているのですね。


posted by denenchofu-man at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

田園調布の住宅事情

田園調布の住宅事情をご紹介していきます。

城南エリアでも屈指の高級住宅街ですね。

大田区のなかで、高級住宅街といえば田園調布、山王、雪谷、久が原、千束等ありますが、田園調布は別格でしょう。

その田園調布の現在の不動産相場を紹介したいと思います。購入を検討している方も売却を検討している方も借りようかな〜と思っている方も参考にしてみて下さい。

田園調布の街の由来から、不動産の実際の取引価格等、ご紹介していきますね。

posted by denenchofu-man at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。